ウイルスがもとで起こる病気もさまざまあります。
ウイルスとなるとその症状もさまざまですし、また治療も抗生物質を使ったりなどして、大変です。さらにウイルスがいなくなるまで治療が続けないといけないので、治療は大変なのです。

 

そんなウイルスでよくあるのは

そんなウイルスで大人から子どもにもかかってしまうものに、口唇ヘルペスがあります。
ヘルペスと聞くと、性病を思い浮かべる人も多いのですが、性器に感染するものばかりではないのです。

どちらも確かにヘルペスウイルスにより発症してしまいます。
そもそも型があり、どちらもヘルペスという病気になるのです。

性器に感染するヘルペスは、もちろん大人だけですが、口唇ヘルペスは年齢関係なく起こる病気と言えます。

子どもも幼児やさらに赤ちゃんにも渡るので、ウイルスの中でもかかりやすい病気と言えるでしょう。

 

 

口唇ヘルペスはどんな風にして起こるのか

口唇ヘルペスもヘルペスウイルスによる感染ですが、感染の仕方は接触感染か飛沫感染となります。
接触も子どもの場合には、親と遊んだり兄弟と遊んだり、また友達と遊ぶときに肌が接触することも多いでしょう、また生活の中でも、着替えやお風呂などで親や周りの人が接触してくることも多いでしょう。
また、時にはヘルペスに感染している友達とも普通にふれあったりすることもあります。

また感染した人の唾を吸い込む飛沫感染もうけてしまうこともあります。
常に子どもとは、コミュニケーションや生活においてふれあうので、それだけ感染してしまうリスクも高いと言えます。

 

 

大人でも感染してしまう

子どもの方がかかりやすい、また経路も多いのではとも言われています。しかし、大人でも口唇ヘルペスになるのは、やはり接触感染によるものがほとんどです。

なお、大人の場合だと、キスをしたり、性行為をすることでの感染経路となることが多いです。
また家族での感染となると、タオルなどの日常品の共用により、感染するとケースが目立ってきます。
家族の誰かがなると、他の家族へうつってしまうのが、口唇ヘルペスに特徴でもあります。

 

 

口唇ヘルペスの症状は

その症状で、大きな特徴といえば、水ぶくれでしょう。唇やそのしゅうへんにできるので、かなり目立ちます。また潰してしまうとただれてしまい、見た目にもわるくなったり、さらに痕に残るかもしれないので、自然となくなるのを待つしかありません。
また手でさわると、指先にもウイルスがついてしまい、そこから他の部位やまた人への感染にもなりかねません。回りの人はもちろん、本人にもさわらせないことも大切となります。

また顔などに感染したときに目が開けにくくなったり、また時にはまひしたりといった重い症状になる可能性もあります。確かに性器ヘルペスと比べると症状も軽いとも言われていますが、他の部位への感染や病気を引き起こすかもしれないので注意は必要です。

なお、治療は薬の服用と塗り薬での治療となります。塗り薬も市販のものがつかえるということで、再発の場合には、受信の手間や費用がおさえられるといったこともあります。
しかし、再発時でもやはり病院での診察をしてもらった方が安全と言えます。

 

 

病院はなにかを受ければいいのか

口唇ヘルペスだと、子どもならば小児科でみてもらえます。大人ならば、皮膚科や内科でもみてもらえます。
違和感を感じたときには、そのままにせずに受診をすることが必要です。また再発もあるので、早めから病院へ通い、長く付き合えるところを探すのも必要とも言えます。

投稿日:

執筆者: