口唇ヘルペスの知識

子どもでもなってしまう口唇ヘルペス、どんな経路で感染するのか

投稿日:

口唇ヘルペスの特徴として挙げられることが、子どもでもなってしまうと言うことです。性器ヘルペスだと、性行為を通じての感染なので、子どもがなることはありません。

ヘルペスも性病と思われがちですが、誰でもかかる口唇ヘルペスと呼ばれるタイプもあり、こちらはみんなが注意をしなければならないのです。

 

特に家族間があぶない

口唇ヘルペスは、学校や職場などでも確かにうつる可能性もあります。口唇ヘルペスに感染している人が話したときに唾液がとび、それが触れてしまい、またすいこんでしまうなどして感染してしまうケースもありえます。

もしも、周りに口唇ヘルペスを発症している人がいれば近づかない、また自分はもちろん、相手もマスクをするといったことが必要です。

しかし、やはり感染をしてしまう大きな要因は家族間だと言えます。
家族では、いろいろなものを共用していたり、また接触する機会も多いでしょう。

たとえば、タオルやグラスや食器などを共用にしているケースがほとんどでしょう。
すると感染者にふれてこれらの共用物にヘルペスウイルスが付着し、そこから家族へと感染してもおかしくはありません。

もしも発症した人が出たら、他の家族と分ける、また使ったら洗濯や洗うなど普段よりもかなり清潔にすることを心がけましょう。
また発症した人に触れたら、そのあとではよく手を洗う、うがいをするといったことも必要でしょう。
あと、部屋割りをかえるといった工夫もできるならばやってみるといいでしょう。

 

 

治ったあとは

もしも発症した人が治ったあとでも、その人の体にはヘルペスは潜伏はしています。共用もできれば、そのまま分けておくようにしたり、また子どもとのキスやほほすりなどの接触のコミュニケーションも少しは減らすなどしたほうが、家族間の観戦防止へと繋がります。
あと清潔にするために手洗いやうがいを習慣づけて、生活スタイルを見直すようにしましょう。

-口唇ヘルペスの知識

執筆者:


comment

関連記事

ヘルペスは性器ヘルペスだけじゃない、口唇ヘルペスも知っておこう

若い男性や女性だと、性行為もする機会も多く、自然と性病や感染症にも敏感にもなりやすいです。 そんな感染症に性器ヘルペスがあります。 しかし、ヘルペスは性器ヘルペスだけではないと知っていますか。 &nb …

発症した場合の見た目が気になってしまう口唇ヘルペスの症状とは

風邪だとそんなに容姿の見た目も気にすることもありませんし、治ったあとのことも気にすることもないでしょう。病気でもそういうものも多いのですが、皮膚に発症してしまう病気だとそうもいきません。   …